リンパマッサージ

お風呂ダイエットをするとき、お湯につかったままリンパマッサージをするとダイエット効果がアップします。
リンパ液は、細胞間に存在する組織液のことですが、これは血液と同様体中を循環しています。
リンパ液は筋肉によって押し流されています。
長時間同じ姿勢でいると夕方足がむくむ、というのは、筋肉が動かないために体の中のリンパがうまく流れず、滞留してしまっている状態なのです。
むくみが気になる人は、入浴中にリンパの流れを促すマッサージをしてみましょう。
体が温まって代謝が上がっている入浴中にリンパマッサージをすることで、血行も良くなり、リンパもスムーズに流れるようになります。
お風呂でのリンパマッサージの方法は、お風呂に入りお湯で体を温めることからはじめます。
体がリラックスしてきたら、まずはリンパ節の部分をもみほぐしていきましょう。
左鎖骨のくぼみ、耳の下、ワキの下、ひざ裏、鼠蹊部などに大きなリンパ節がありますので、やさしく刺激してほぐします。
顔のむくみを取ってすっきりした小顔になるためには、鎖骨のくぼみの上から中心に向かって流し、くぼみの下からワキの下へと流していきます。
鎖骨周りのリンパマッサージを10回ほどおこなったら、次はあごから頬に向かって4本の指で引っ張り上げるように10回程度マッサージしましょう。
足のむくみ対策には、足首から膝の裏にかけてもみほぐすようなマッサージが効果的です。
自分で簡単にできるリンパマッサージの書籍なども出ているので、本格的にやって見たい人は参考にしてみるといいですよ。